スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多可の家 竣工しました

パーマカルチャーな家が、竣工しました。





持続可能な暮らし、分かちあう暮らし、生み出す暮らしを実践するための住まいです。





ここでたくさんの命の物語が紡がれていくことを祈りつつ、
この家づくりに関われたことに感謝します。

ありがとうごさいます!

スポンサーサイト

多可の家 棟上

秋晴れの空の下、無事に上棟。
大工さんたちの掛け声と掛矢の音が響いていました。
住まい手が選んできた古材柱も無事におさまりました。
とても存在感があります。
よく見ると、通りを表す「に壱」という墨書きが…。
これも味わい深いです。










多可の家 基礎完成!

しっかりとした基礎ができました。
これからこの基礎が建物をずっと支えていきます。
住まい手さんは石積みの名人なので、玄関ポーチの古材柱の礎石を調達してきてもらいました。
選り分けられた石の大きさや形、色、表情などを見ながら、
あーでもないこーでもないと、楽しく吟味。
二つの石が選ばれました。
建築の一部になって、どんな表情を見せてくれるのか楽しみです。

基礎20151015




初顔合わせ

多可町の家

今日は、大工さんやその他の業者さんとの初顔合わせ。
やっぱりこの日は少し緊張しますね~。
無事に顔合わせが終わり、
製材所の倉庫で材木を見せてもらいました。
いろんな表情の材が所狭しと並んでいて、
なんとも楽しい空間です♪



地鎮祭

多可町の家の地鎮祭がとり行われました。

無事に住まいが完成するよう、

そしてこの地でご家族が健やかに暮らすことをお祈りしました。


以前ご主人に、教えてもらったネイティヴアメリカンの言葉を思い出しています。

『何かを決めるときは、7代先の未来の子供達のための選択をすること』。

自然の恵みをすべての生命と分かち合いながら、

持続可能な暮らしを創る。

それを支える住まいを一緒につくることができて、嬉しく思います。
地鎮祭は終わりましたが、着工は少し先です。

じつは、まだまだ決めることがたくさんあります!

Pagination

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。