スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いねかり

  • 2014/10/11 23:27
  • Category: 日記
今年は初めての田んぼ体験をさせてもらっています。

体験させてもらっている田んぼは、有機、無農薬、すべて人力(機会なし)で稲を育てています。
合理化しない農業、苦労と喜びの両方があります。



6月の田植えに始まり、草取りをへて、とうとう稲刈りをさせてもらいました。
毎回筋肉痛になりますが、田んぼに入るととても気持ち良く、
土と空に挟まれる感覚で、風とお日様をめいっぱい感じることができます。
そして、出会う生き物の多さに驚きます。



稲刈りの後は、一カ月間天日干ししてから脱穀して、玄米に。
そういえば、子供の頃は田んぼに稲を掛けて干している風景をよく目にしましたが、最近は見くなりましたね。
聞くと、最近は機械で乾燥するのが主流だそうです。
天日干しのお米は、ゆっくり乾燥することでうまみ成分が多くなり、格別においしいそうですよ。



来月の脱穀&試食が、とても楽しみです!



田んぼ体験を通して、たくさんのことを教えてもらっています。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ararchitect2011.blog.fc2.com/tb.php/324-4041a2b5

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。