スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景観とは…

奈良県景観フォーラムに参加し、大阪大学 小浦准教授の基調講演を拝聴してきました。

印象に残った言葉、「景観は人の営みの表現」。
そこに人の暮らしがあって、営みがあるから、景観が生まれる。
人の営みがなかったら、景観は生まれない。
色や形を決めるだけでは、景観は作れないのです。

本当にそうですね。
いくら色や形を規制しても、人の暮らしや営みが整わなければ景観は美しくならないと思います。
日本には人の営みが生み出した美しい景観が、たくさんあります。
残すことと進化することの調和が大切です。

丹波篠山
<波篠山 集落の景観>




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ararchitect2011.blog.fc2.com/tb.php/342-5a602345

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。