スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今井町町家改修 古材を床板に

解体の時に不要になった古材を、床板に曳きなおしてもらいました。
色もばらばらで、節や虫の後もありますが、なんともいえない風合いがあります。
「みせ」の式台に使いますが、再び同じ町家で活躍できるので、
木も喜んでいるような気がするのは、私だけですかね。

古材






ご協力いただいたシェアビレッジの吉田さんには、感謝です!


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ararchitect2011.blog.fc2.com/tb.php/370-8ff0466d

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。