スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突抜町町家改修 撤去した土壁

突抜町の町家改修

撤去した内部の土壁は、廃棄処分せずに再利用できます。
同じ町家で土壁の下地にできたら最高なのですが
、どうしても工期が足りません…。
周りに声をかけてみたところ再利用したいという友人がいて、
引き取りに来てくれました!
アースオーブンを作ろうかなと話していました。(楽しそう!)

新しい場所で形が変わっても、使い続けていけるのが良いですね。
土は持続可能な素材です。





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ararchitect2011.blog.fc2.com/tb.php/381-46f886eb

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。