スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突抜町町家改修 柱の根継ぎ

柱の足元が、腐ったり白蟻被害がひどかったりしたので、柱の根継ぎしてもらいました。

これを見ると毎回、大工さんはすごいと感心してしまいます。
いろんな方向から力のかかる柱の足元は、とても複雑な形の仕口加工が必要なのです。

そして、悪いところだけ取り替えて更新していくことができるという木造建築の持続性も、再認識させられます。

2階の床梁には、補強梁のための仕口が刻まれています。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ararchitect2011.blog.fc2.com/tb.php/391-5cce6f54

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。