スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障子貼り

  • 2016/10/11 15:25
  • Category: 日記
怒涛のような忙しさの数ヶ月が過ぎ、少し落ち着きを取り戻しつつあります。

まだまだ残務もありますが、ひとまず玄関の障子を貼らせてください。

涼しくなって来たので…(^^;;

でんぷん糊をペタペタと塗り、障子紙を慎重に…。

こんな作業をしていると、建物にとっても愛着が増して、建具の傷もかわいく思えてしまいます。



9/25(日)なら住宅設計ひろば「住まいの無料相談」のお知らせ

9月25日(日曜)、なら住宅設計ひろばによる「住まいの無料相談&パネル展示」が開催されます。

「なら住宅設計ひろば」は、建築性を身近に感じてもらうための活動をおこなう、
奈良を中心に活動する建築士の集まりです。

相談会では、住まいに関するさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にご相談ください。

●日  時  9月25日(日曜) 午前10:00~午後5:00まで
●開催会場  DILIPA奈良(大阪ガスショールーム 駐車場完備)

★詳細はHPをご確認ください。
http://www.nara-arc7.jp/topics152.html

20160925相談会チラシ(大阪ガス)小

突抜町町家改修 土壁の補修

土壁の上の仕上げ塗りが古くなっていたので、全部めくりました。
ぺろーんとめくれるところと、ゴシゴシ削らないとめくれないところがありました。
めくってデコボコになった土壁の表面に、土を中塗りをしてから、仕上げを塗ります。



写真は中塗りのところです。
古い土壁に、コテでゴシゴシと塗っていきます。



左官職人さんに教えてもらって、自分でもやってみましたが、けっこう腕の力が必要です。
明日は筋肉痛ですね。



今井町町家改修 その後1

改修工事は終わりましたが、引き続きカフェの家具や看板のお打合せに伺いました。
カフェがオープンするまでは、まだまだ打合せは続きます。


お庭の梅の花が、ちらほらと咲き始めていました♪

突抜町町家改修 床と天井

床板が張られました。

床ができるとすっかり室内っぽくなります。
床は厚みが3cmの杉板です。足触りが柔らかく、裸足で過ごすと気持ち良いです。

2階は床梁が補強されて、しっかりしました。
天井を張らずに、この梁は見せます。
古い梁は化粧材ではなく、ノコギリで切りっぱなしの荒い材です。
手仕事の跡の残る感じが良いのです!
断熱材が入ったり、敷居がついたり、小さい建物なのであれよあれよと工事が進んでいきます。

Pagination

Utility

プロフィール

渡邊 有佳子

Author:渡邊 有佳子
奈良でアル建築設計を主宰
しています。
住宅や空間を設計・デザインしなが
ら感じたことをのんびり綴っていき
たいと思います。

■お問い合わせは
 ホームページからどうぞ

 →ホームページはこちら

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。